ホーム技術士試験突破講座技術士試験突破講座一覧 > 一般部門・二次口頭 通信講座
お問合せ・お申し込み

一般部門・二次口頭

【通信およびZOOM】2021年度申込受付中
通信講座
口頭試験は試験官との闘論ではなく対話です。この講座では、ガイダンス(開講後速やかに実施)、紙上模擬口頭試験練習、模擬面接試験を行い、口頭試験対策の全てに対応した準備を行います。
申込期間2021年10月26日(火)~11月末頃 受講日2021年11月1日(月)から開講
会場

講座内容

受講方法の違いにより、【通信コース】と【面接コース】があります。都合の良いコースを選択して下さい。

【受講方法の選択】
■通信コース
模擬口頭試験をWEB会議(ZOOM)により行います。いずれの地域の方にも受講いただけます。

■面接コース
試験会場を模擬した東京会場で面接形式で行います。
このコースでは、講習会も実施しますので、試験準備の全体を直接聴講することができます。東京会場に参加できる方にお薦めです。(2021年度は休講します)

カリキュラム


カリキュラムの名称通信コース面接コース(休講)
口頭試験対策テキストの提供
ガイダンス1回1回
質問・回答シート作成、評価、改良
①シート内容の改良指示
②予想される質問の提示
1回1回
11月20日(土)、講習会(2時間)
面接による模擬口頭試験(11/20)1回
11月20日(土)、ZOOM講習会(2時間)
ZOOMによる模擬口頭試験1回
フリーQ&A
突破講座通信(毎月1日発行)

カリキュラム詳細

1.口頭試験対策テキスト
口頭試験突破のための当講座が蓄積してきたノウハウを詰め込んだテキストをご提供します。

●使用テキスト
1)受講ガイダンス
2)カリキュラム各論
3)質問・回答シート作成マニュアル
4)技術者倫理
5)技術士制度解説
6)口頭試験実録

2.ガイダンス
ZOOMによる個人面談を行います。講座開講後の早い時期に(受講者と個別調整)、事前の提出資料とZOOMによる短時間の模擬面接により受講者の準備状況を確認し、このあとの試験準備をどう行うべきかの方針を提示します。場合によってややハードな準備をお願いすることがあります。

3.質問・回答シート作成、評価、改良
口頭試験通信講座の中で最も重要なワークシート。口頭試験で合否を分けるポイントは、第一の質問に続く第二の質問にどう回答するかです。この対策をワークシートによって紙上シミュレーションをおこいます。

4.講習会
11月20日(土)に実施します。13時~15時開催。ZOOMにより実施します。突破講座の専任講師が、合格する口頭試験の受け方を丁寧に解説。模擬口頭試験の実演も実施。
1)口頭試験概論
2)質問回答シート(※)に基づく試験準備方法
3)試験実録
4)口頭試験演習

(※)突破講座が開発した紙上シミュレーションツール。講座受講者にご提供。

5.ZOOMによる模擬口頭試験
講習会当日あるいは別途定めた日時に実施。
当講座の専門技術士の面接により、50分の模擬口頭試験(模擬試験20分、講評30分)を実施。機械部門、建設部門、上下水道部門。(これ以外の部門を希望される方はご相談下さい)

6.フリーQ&A
突破講座が誇るシステム。開講期間中、試験に関わる質問を回数フリーで受け付けます。テキストや講習会や模擬試験で生じた質問、疑問について、いつでも回答を求めることができます。

※フリーQ&Aの詳細はこちらをご覧下さい。

7.突破講座通信(毎月1日発行)
口頭試験に関わる最新情報、試験準備の進め方の細かなノウハウ等を毎月(号外もあります)お知らせします。

開講部門とスケジュール

コース名開講部門受付開始開講日講習会模擬口頭試験閉講日注記
通信コース(注1)10月26日11月1日~11月20日(土)11月中旬~12月中旬
(注2)
3月14日
面接コース本年休講

(注1) 機械、建設、上下水道の各部門
(注2) 模擬口頭試験は、受験者1人に対し、模擬試験官1人にて実施します。
    実施日は講習会当日あるいは他日、口頭試験指定日を踏まえて受講者の希望により決定する。

受講料金

○通信コース ¥44,000(消費税込み)
(注)過去の第二次口頭試験突破講座(通信コースあるいは面接コース)の受講者(総合監理部門以外の一般部門の通信講座に限る。単独の講習会等は対象となりません)は、¥4,400を減額します

お問合せ・お申込み方法

お申し込みはこちらから


上記ぺージの予約フォームに必要な項目を入力の上「送信」してください。
※お申し込みは1コースごとに受け付けます。複数の講座を一度にお申し込むいただくことはできません。