ホーム技術士試験突破講座 > 技術士試験突破講座一覧

技術士試験突破講座一覧

第一次試験合格のスキルを身につける!

第一次試験突破講座

現在開講予定はありません

難関の第二次試験を完全突破!

第二次試験突破講座説明会 一般部門

【通信形式】2020年度申込受付中
突破講座説明会
講座説明会をWEB会議システムにて開催します。突破講座の「論文骨組みシート」を中心とした合理的な論文展開のご指導のすばらしさを「発見」下さい。30分の説明会のあと、希望される方に対して10分程度の個別受験相談を実施いたします。
申込期間第1回~第3回受付中
★毎回、開催日2日前、17時締め切り
受講日第1回 2019年11月17日(日)
第2回 2019年12月7日(土)
第3回 2020年1月4日(土)
いずれも9:00~9:30

一般部門・二次筆記

【通信形式】 2020年度申込受付中
通信講座
2019年度から技術士第二次試験は技術士の資質能力を評価する試験に変わりました。とはいえ、すこぶる合理的な改定であり、適切な準備が十分可能な変化でした。突破講座は、資質能力の理解、適確な問題想定、問題設定、課題遂行の準備、「骨組シート」による論文設計、そして総合的な工程管理にてご指導を行い、想定問題の高いレベルでの整合を含め高い評価を受けました。2020年度はさらにプログラムを洗練してみなさまを合格に向けてご指導いたします。
申込期間2019年11月3日(日)~2020年4月末頃 受講日2019年11月25日(月)以降受講手続き完了日~筆記試験前日まで
【教室形式】 2019年度申込終了しました
講習会
(個別面談、演習付)
この講習会では、合格のために最も重要な情報である「今年の問題の想定」と「解答の評価基準」をお伝えします。そして短時間で合格論文を作り上げる「骨組みシート」に基づく論文作成の方法を演習によって学んでいただきます。さらに個別面談もお受けします(無償)
申込期間2019年3月20日(水)
~2019年4月11日(木)
受講日2019年4月14日(日)
【教室形式あるいは通信形式】 2019年度申込終了しました
模擬試験
定評ある”突破講座”の模擬試験。試験本番と同じ雰囲気、時間配分を予備体験し、今年想定される問題にて模擬体験。本番に向けての最後の準備です。答案を採点、評価して返送します。
申込期間2019年5月13日(月)~6月12日(水):ただし自宅受験の場合は6月24日(月)まで受付 受講日会場受験=2019年6月22日(土)/自宅受験=6/10(月)以降問題送付、6月17日(月)~7月1日(月)のあいだに答案送付

一般部門・二次口頭

【通信形式】2019年度10月29日申込受付開始。
通信講座
(開講日が11月11日(月)となりました。)
口頭試験は試験官との闘論ではなく対話です。この講座では、ガイダンス(開講後速やかに実施)、紙上模擬口頭試験練習、模擬面接試験を行い、口頭試験対策の全てに対応した準備を行います。
申込期間■標準コース (今年度開講しません)
■直前コース(通信、面接) 2019年10月29日(火)~11月中旬頃
受講日■標準コース (今年度開講しません)
■直前コース(通信、面接) 2019年11月11日(月)から開講
【教室形式】
休講中

直前講習会
(演習付)
口頭試験に必要な試験準備を一日でカバーする試験直前講習会です。
個別に模擬口頭試験を実施するオプションプログラムも用意しています。(有償)
申込期間2016年10月27日(木)~11月9日(水)16:00まで 受講日2016年11月12日(土)

総合技術監理部門・二次筆記

【通信形式】 2019年度申込終了しました
通信講座
技術士試験一般部門に合格している技術士が総合技術監理部門に合格するために最も重要な点は、一般部門の固有技術から離れて、総合技術監理の5つの管理分野に視点を変えられるか否かです。これに最も重点を置いたうえで、試験の傾向を徹底研究し、効率良い準備のご指導をいたします。
申込期間2019年3月
~5月上旬頃まで
受講日2019年3月24日(日)
~ 7月14日(日)(筆記試験日)

総合技術監理部門・二次口頭

【教室形式】
休講中
通信講座
総合技術監理部門の口頭試験対策のための通信講座です。
全2コースから最適なコースをお選び下さい。
申込期間■標準コース 2012年8月20日(月)~10月上旬頃
■直前コース 2012年10月25日(木)~11月中旬頃
受講日■標準コース 2012年8月28日(火)以降、受講手続完了日から開講
■直前コース 2012年10月25日(木)以降、申込みを受けて直ちに開講